20番(太い)、40番(細い)

という具合に、数字が大きくなればなるほど、レース糸は細くなっていきます。

細い糸で編むと、当然、仕上がるまでに時間がかかります。

しかし、時間をかけた甲斐が感じられるほど、編み進めるたびに、繊細な模様が出来上がってきます。

しかし、編み上がった後、バスケットに仕上げる場合は、20番の太めのレース糸できつめに編んだ物の方が頑丈に仕上がる気がします。

40番の細いレース糸で編んだものを固める場合は、もう少し成形の時間を長くする、もしくは溶剤の種類を変える、などの工夫が必要かもしれません。

 

より良いものを作りたい。

日常生活の中で、長く使っていただけるような、しっかりしたものを作りたい。

 

という思いを持ち続けている限り、試行錯誤を続けて日々研究、ということになるのかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。